love love夫婦と2007年3月15日に生まれた愛息子のほんわか生活日記!
 
 
 
 
 
 
スポンサーサイト
 
 
【--/--/-- --:--】
 
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 
 
 
▲TOP
 
 
 
 
私の職務経歴書 その3
 
 
【2008/02/11 18:13】
 
 
さて、「私の職務経歴書 その1」「私の職務経歴書 その2」
で、過去に精神病院で働いていた事、精神科病院で
おこった出来事をご紹介しました。

詳しくはカテゴリー内の仕事
http://hikifamily.blog34.fc2.com/blog-category-14.html
をご覧くださいませ。


今日のお話は
「とっても怖い・・でも本当は心優しいKさん」

私が初勤務となった女子閉鎖病棟も、3ヶ月が経とうとしてました。
周りのスタッフの方々や患者さんとも仲良くなり、
仕事も順調良くできるようになった矢先・・・・・

新しい病棟が東側にできるという事で、大幅な
職員の入れ替えがあるという話が舞い込んできました。
私の勤務していた病院は元々は1つの棟でしたが、東に新しい棟ができたという事で、東病棟と西病等に分かれる事になったのです。

その中でも、看護士さん達が一番嫌がっていたのは

「東2病棟」

でした。急性期病棟という病棟で救急などを受け入れる病棟です。救急という事は心身共に救急という事で・・・・・・つまり、ハッキリ言いますと精神的にかなり危ない方が来る病棟です・・・・

私は運良く東2病棟に配属となりましたマジかよ~

しかも、初勤務で2日目にして初夜勤ですヒヨコ全身(泣く)


最初は本当に怖かったです・・・だって・・・
男性患者さんが一番多いんですもの!!ヒヨコ全身(泣く)

(この頃、私は軽い男性恐怖症だったので・・。)

詳しくはカテゴリー内にあるダイエットの中の「私のダイエットの日々 その1」の最後に[Read More...]という所があります、そこをクリックしていただくと男嫌いの真相が詳しく書いております。
http://hikifamily.blog34.fc2.com/blog-entry-14.html#more

ハッキリ言ってシャレになってないよ!って感じでしたヒヨコ(汗)

中でも一番怖かったのは「IC」に入っているKさんでした。
(ICとは精神状態の悪い患者さんを隔離する鍵付きの個室部屋の事です。)

Kさんの精神状態は半端なく最悪でした。
室内ではKさんが大きな声で叫びまくってます

「こらぁ~!看護婦~!お前らここから出せぇ~!」

そんな中、Kさんはあろう事か失禁されたのです・・・・ヒヨコ全身(泣く)


・・・そう、その部屋で掃除をするのが私、看護助手の仕事・・・・・看護婦さんは夜勤で人数が少なく手いっぱい・・・やるのは私だけ・・・。看護婦さんに
「hikimamaちゃん!後で手伝いに行くから!」
と言ってはもらいましたが、そんな事、看護婦さんにさせられません!ヒヨコ全身(首振り)
看護婦さんには点滴や薬というお仕事が沢山あるのです。私はこういう時の為にいるのです!頑張る


おそるおそる部屋へ・・・・Kさんは寝ています・・・
しめしめ・・・・今がチャンスだ・・・パンダ(ニヤリ)

と、モップで掃除をした次の瞬間!!!

「オラァ~!」

と、私のエプロンの裾をつかんできたのです!
私はすかさず
「ぎゃぁ~!!!
と叫んで、持っていたモップでKさんのオデコを
思いっきり叩いてしましました・・・・・
そう・・・叩いてしまったんです・・・・・・
スコーンッ!と・・・・・・
いい音なりました・・・・・・・

次の日、Kさんの精神状態は安定ヒヨコ(ハート)

朝一でKさんに謝りに行こうと部屋をノックすると
Kさんが
Kさん「hikimamaさん・・・昨日はゴメンね」
と・・・・・・
私「そんな!私の方こそゴメンね!!ヒヨコ全身(泣く)

その・・・ビックリしちゃって・・・
Kさん「ううん。いいねん。薬飲んでなくて精神的にちょっとイライラしちゃったから・・・。薬飲んでなくてゴメンね。驚かせてゴメンね。怖がらせてゴメンね。嫌いにならないでね。」
とKさんは何度も何度も謝ってきました・・・。
それは私の台詞なのに・・・・・。
私「私の方こそ、怖がってごめんね。Kさんの事、何も考えてなかったね・・・。本当はあの時、色々してほしかったんじゃないの?本当にごめんね」ヒヨコ全身(泣く)


と・・・それから私はKさんと大の仲良しになりましたキラキラハート02

でも・・反省しました・・。
精神病という病気に変な先入観を持っていたから、最初からビクビクしてしまったんですよね・・・。だから相手の状態や言いたい事を聞かずにビックリするだけでなく、叩いてしまったんです・・・。後からKさんに聞いた話ですが、あの時Kさんは喉が渇いていたので、何か飲ませてほしかったそうです・・・。

精神病という病気は本当は誰でもなる病気です。
薬がなくなると一気に精神状態が悪くなります。
でも薬を飲んでいる&治療を受けている患者さんは
皆、普通の生活をし、普通の人より心の優しい人が
多いのです。
そこを分かっていただけたらなぁ・・・と思います。

ポチッと押して頂けるとかなり嬉しいです!
クリック


スポンサーサイト

テーマ:医療業界 - ジャンル:就職・お仕事

 
 
 
▲TOP
 
 
 
 
この記事に対するコメント
 
 

こんにちは。

個人的に精神疾患のあった人との付き合いが少しありました。話を聞くと、「そら、病気にもなるだろうな」という生い立ちを持っていましたね。僕の知り合いは、ものすごく感受性が豊かで純粋な人でした。そういう人の方が、精神疾患にはなりやすいのかもしれないとも思いました。

他にも、例えば鬱病なんかは、風邪をひくようなもんで、誰もがなる可能性のある病気だと思います。

ただ、救急車で精神疾患の人を運ぶ時は、興奮状態のときが多いんですよね…。救急隊で行っても、その人の病気の背景をゆっくり聞くほどの時間はありませんし。
【2008/02/12 16:07】 URL | むらさき #- [ 編集]


最近パソコンの調子が悪くて、今コメント書いていたら、いきなり違う場所に飛んでいってしまいました。
2つコメントが入っていたらごめんなさい。。

大人になるほど、素直に謝るってむずかしいですよね?
次の日一生懸命謝る その患者さん。すごいですね。
嫌いにならないでね。なんて、とてもかわいいです。
そんな言葉聞いたら、本当にこっちが悪かったです!って心から反省しちゃいそうです。
hikimamaさんも、その後 患者さんがどうしてほしかったのか、感じることができ、患者さんの気持ちも察することについて一生懸命なのがよくわかりました。
とても素敵な二人です。
【2008/02/12 16:27】 URL | yuki #- [ 編集]

むらさきさんへ
お久しぶりです!
ブログ、閉鎖されましたか?あれから毎日お伺いしていたのですが・・・・(T_T)

本当にむらさきさんのおっしゃる通りだと思います。精神病になる方って大体事情を聞くと「病気になって当然だわ」という生い立ちをお持ちの方が多かったです。そしてやっぱり、そういう方はものすごく感受性が豊かで純粋な人でがほとんど!そういう人だからこそ、精神病になりやすく、なった後もずっと心を痛めていらっしゃるんですよね。
本当に鬱病は、誰もがなる可能性のある病気だDrがおっしゃってました。なにも難しい病気ではなく、めずらしくもないのだと。
本当にむらさきさんのおっしゃる通り!

そうですねぇ~・・・救急車で精神疾患の人を運ぶ時は・・・・大変ですよねぇ~e-263だから、私たち看護スタッフが24時間体制で患者さんと向き合って、悩みを聞いたり、お話したり、レクリエーションで気持ちをなごませたりさせていただいていました!
薬を飲んで気持ちが落ち着けば、皆すっごく素敵な方達ばかりなんですからe-266
私なんか何度一緒に病院を抜け出し、カフェやデートした事か・・(笑)
むらさきさん!また是非遊びにいらしてくださいね!お待ちしております!
【2008/02/12 23:41】 URL | hikimama #- [ 編集]

yukiさんへ
そうなんです!本当に素敵な方達ばかりなのですよ~!!
純粋で・・・多分、今時の子供より純粋で無垢だと思いますよe-266
本当にこんな素敵な人たちと一緒に過ごせた3年間は私にとって宝物ですe-415

もちろん、yukiさんを初め、沢山の方々とこのブログでお知り合いになれ、このようなお話ができるなんて本当に感謝です・・・e-266
【2008/02/12 23:48】 URL | hikimama #- [ 編集]


はい、ブログ閉鎖しちゃいました。
三日坊主でスミマセンm(_ _)m

僕自身も、一昨年の年末にものすごくショックな出来事があって、心が壊れてしまいそうになりかけました。幸いにも周りのいい人たちに助けられて、何ともならなかったのですが…。
それを乗り越えたのや、前述の病気だった人との出会いから、「精神病」に対する負のイメージが薄くなりました。

残念ながら、同じような状態にならないと普通の健康な人は、精神病のマイナスイメージを払拭するのは難しいでしょうね。

また遊びに来ますね~♪
【2008/02/13 02:45】 URL | むらさき #- [ 編集]

むらさきさんへ
やっぱり閉鎖されてたのですね~(>_<)
でも遊びに来てくださって、またお会いできるので嬉しいです♪
むらさきさんの周りに素敵な方がいらっしゃって本当によかったです。
皆一人では生きてはいけず、そういう心優しい人たちに助けられているのですね。
精神病に関する不信感もなくなれば、精神病の方ももっと住み良い環境になり、病気も重くならないのでは・・・・と思う毎日です。
むらさきさん、また是非遊びにいらしてくださいね!
【2008/02/14 10:42】 URL | hikimama #- [ 編集]

 
 
 
▲TOP

 
 
 
 
この記事に対するコメント投稿
 
 















 
 
 
▲TOP

 
 
 
 
この記事に対するトラックバック
 
 
トラックバックURL
→http://hikifamily.blog34.fc2.com/tb.php/57-95df7291

 
 
 
▲TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。