love love夫婦と2007年3月15日に生まれた愛息子のほんわか生活日記!
 
 
 
 
 
 
スポンサーサイト
 
 
【--/--/-- --:--】
 
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 
 
 
▲TOP
 
 
 
 
私の体験した不思議なお話 その1
 
 
【2008/02/10 11:44】
 
 
私は3年間、病院勤務をしていました。
病院という場所は絶対と言っていいほど
怪奇現象や怪談話がありますオバケ1

病院だけではなく、世の中にはとても不思議な
出来事がたくさんあります

ここでは私の体験した不思議な体験談を
ご紹介したいと思います。
(これより先は怪談話が大嫌いな方や
絶対に信じない方、うさんくさいと
思われる方はご遠慮ください。
ノークレームでお願いします(笑))

私は元々、子供の時から変な物が見えていました。
それを友人や親に言うといつも
「何言ってるの?バカバカしい!」「何~?気持ち悪~」
などと言われていたので、私はその事実を人に言えずに
幼少時代を過ごしました。「私の目はおかしいんだ!」
「私の頭はおかしいんだ!」と思い込むようにしていました。
その現実を受け入れられるようになった事件が
あったのは私が高校生の頃です・・・・。

その日、私の家には高校の友達(H)が泊まりに来ていました。
Hちゃんはすごく明るい性格で笑いの絶えない子です。
その子と夜、夜更かしをして恋愛話や愚痴なんかを
話していると・・・・夜中の2時過ぎ・・・・・・・

フッ・・と寒い風が部屋に入ってきました。
その時期は夏・・・寒い風が入ってくるはずも
ないのに何故?と思った次の瞬間、Hちゃんの
顔が真っ青に・・・・・・・・

私「何っ?!どうしたん!?」
H「びっくりしなや・・・・・あんたの後ろに
・・・男の人がおるねん・・・・・・・・」
と言われた次の瞬間、Hちゃんの後ろにも人影が・・
私「あんたの後ろにも・・なんか見えるんやけど・・」
と言い、お互い一緒に振り返ってビックリ!

私の後ろにベッタリ張り付くように男の人がくっついて
いるんです!!
もちろんHさんの体にも!!!

数秒の沈黙の後、
「ぎゃー!!!!!
と二人で叫び、布団の中へ!

布団の中に入れば何故か助かると思った私たちバカ2人。
そんなに甘くありません。
布団の上からすごい重い何かが覆いかぶさってきました。

H「助けて・・・・苦しい・・・」
私「痛い!痛い!痛い!痛い!」

数分後、何もなかったように重みは消え、
私たちは呆然・・・・・・。

でも私は少し嬉しかったんです・・・・・
私と同じ物が見え、同じ経験をした子がいた・・・
私の悩みでしたから・・・・ずっと私だけだと
思ってましたから・・・・。

仲間ができたみたいで嬉しかったんです。

次の日、Hは私に「ごめんなhikimama。実は私・・・霊感あるねん。だから昨日のは私のせいやわ・・・・」と・・・・。

私「ちゃうねん!実は私も言ってなかったけど、霊感っていうの?あるねん!毎晩あぁいうので悩まされててん!小さい時からあるねん!Hと一緒やねん!」と告白。

その日からHと私の秘密の話ができました。

このお話は「私の体験した不思議なお話」の
序幕です。私がお話したいのは病院でのお話・・・
これは本当に怖かったので・・・・オバケ1


ポチッと押して頂けるとかなり嬉しいです!
クリック


スポンサーサイト

テーマ:オカルト・ホラー - ジャンル:

 
 
 
▲TOP
 
 
 
 
この記事に対するコメント
 
 

私、実は霊感はないし、経験したいとかも思ってないのですが、世の中にはどんな事があっても不思議では無いし妖怪や幽霊の存在自体を否定するほども頭は固くはありません。むしろ、スキです。だから、一人で抱え込んで苦しむ事がどんなに大変だったか・・・で、同じ感覚を分かち合う人がいて、どんなに良かったかと思います。
心のアンテナは常に広げてるのに、まったくもって霊感がゼロなので、体験した事ありませんが、ここでのお話は、「そうだったんや!!」と頷くばかり。次の体験談も是非、聞かせてください!!
【2008/02/10 16:35】 URL | 樹 魚月 #SCHLwbfo [ 編集]

樹 魚月さんへ
樹 魚月さん、ありがとうございます!
そうなんです・・・私だけが見えていて・・・でも気持ちの悪い物や、危害を加えてくるものばかりで、本当にどうしたらいいのからず親や友人に助けを求めるように話はするのですが、バカ扱いされたり嘘つき扱いされたりで、一時は人に心を許す事ができなくて自分の殻に閉じこもった時期がありました。でもこの高校の友人と同じ物をみてから私の世界は変わりました(^o^)
今、こうやってブログでお話できるのも、これから小出しにアップしていこうと思っている「不思議体験」を沢山の人と一緒に見た、体験したからなんです(^o^)
この私のお話を嘘と思うか事実と思うかはその人次第。
でも樹 魚月さんがそのように思ってくださっているなんて本当に嬉しかったです!
ありがとうございました。
【2008/02/10 20:46】 URL | hikimama #- [ 編集]


確かに信じてもらえない人に話すと絶対にバカにされるよね(ノ_・。)
同じような体験をした人とかに話すと共感してもらえるし一人で抱えてた悩みとか楽になるしね☆
【2008/02/10 22:54】 URL | カイ君ファンより☆ #- [ 編集]


さ、さぶイボが…。
きっとhikimamaは優しくて何でも受け止めてくれるお嬢だから、迷える旅人たちが救いを求めてやってくるのかな…
【2008/02/11 08:51】 URL | ことり #- [ 編集]

カイ君ファンさんへ
いつもコメントありがと~!
カイ君ファンも気持ち分かるでしょ~?
だってカイ君ファンもそ・う・だ・か・ら★
ホントお互い大変だよねぇ~(>_<)
こんな能力いらねぇ~!!って何回も思ったよ(T_T)
途中から「私にできる何かがあるから、こういうのが見えるようになったのかな・・・:」と思うようになった(した)けどさe-263
最近カイ君ファンは見る~?
【2008/02/11 11:09】 URL | hikimama #- [ 編集]

ことりんへ
ことり~ん!
優しいだなんて言ってくれてありがとぉ~!
でも私は旦那様の中では一番怖い存在らしいよ(笑)私、女の子にはベタ甘だけど、男性には容赦ないからかな?(笑)
いつもコメントありがとう!ことりんを始め、皆さんのコメントに支えられて毎日頑張れます!
本当にありがとうございます!
【2008/02/11 11:11】 URL | hikimama #- [ 編集]


私が最近見たのは今、勤めてる会社の近くに墓場があり原付でその道を通って帰ろうとしたら膝から下の足だけ(上半身はなかったのです)がヒタヒタヒタ…と歩いてるのを見ました(><;)
しかも裸足で…(怖) よけようとしたら少し事故りそうになりました(焦)


【2008/02/11 23:44】 URL | カイ君ファンより☆ #- [ 編集]

カイ君ファンへ
そういえば、仕事帰りのそういうのを見たって言ってたねぇ~!v-12
原付なんだから、運転気をつけてねぇ~?(>_<)
【2008/02/12 15:59】 URL | hikimama #- [ 編集]

 
 
 
▲TOP

 
 
 
 
この記事に対するコメント投稿
 
 















 
 
 
▲TOP

 
 
 
 
この記事に対するトラックバック
 
 
トラックバックURL
→http://hikifamily.blog34.fc2.com/tb.php/52-5447c830

 
 
 
▲TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。