love love夫婦と2007年3月15日に生まれた愛息子のほんわか生活日記!
 
 
 
 
 
 
スポンサーサイト
 
 
【--/--/-- --:--】
 
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 
 
 
▲TOP
 
 
 
 
私の体験した不思議なお話 その17
 
 
【2008/09/25 21:06】
 
 
ここでは私の体験した不思議な体験談をご紹介しております。
(これより先は怪談話が大嫌いな方や絶対に信じない方、うさんくさいと思われる方はご遠慮ください。ノークレームでお願いします(笑))

過去の詳しいお話は不思議体験までどうぞ。

私は病院で3年間、看護助手として勤務していました。

病院では本当に様々な事がおこります。
信じられない事も・・・・・。

続きはこちらからどうぞ。
病院勤務は不思議な事でいっぱいです。

私は西3病棟に配属されたのち、東2病棟、西2病棟と
移動しています。移動は年1回は必ずあり、全員では
ないのですが入れ替わります。

この病院で一番怖い病棟は西2病棟です。
(西2病棟の過去のお話は私の体験した不思議なお話 その4をごらんください。)

本当に怖くて絶対に行きたくない病棟でした。

ですが!!!

辞める数ヶ月前だというのに私はこの病棟への
移動が決定してしまいました・・・・。

病棟は「私の体験した不思議なお話 その4」の時とは
違い、患者さんで活気があり、ナースステーションも
看護婦さんがいて怖くはありません。

ですが・・・やはり「IC病室」だけは違いました。

IC部屋とは隔離部屋の事で昔は個室が4つありました。

過去の西2病棟
病棟

ですが今は改装されてIC部屋は1~3までしかなく、
なくなった部屋は面会室として使われていました。

西2病棟のIC部分拡大図
IC2.jpg

この部屋を本当は看護婦さんと掃除するのが
精神病院の決まりなのですが、何故かこの
病棟は看護助手が一人で掃除するように
なっていました。

一人の看護助手は扉の向こうにある
廊下を掃除しています。

私はIC1から順に掃除し始めました。
IC1とIC2は介護のいらない患者さん用なので
掃除は簡単ですが、IC3は介護が必要な方の
為の隔離部屋なのでトイレが介助者用だったり
物入れがあったりして結構掃除は大変です。

IC3部屋の拡大図
へや

しかもこの部屋、過去に「私の体験した不思議なお話 その4」でも話したように一番嫌な感じのする部屋です。

幸い、この部屋には入院患者さんはいらっしゃらなかったので
さっさと掃除を済ませて出る事に!!

必死に掃除していると物置きから音が聞こえます。
物置きの扉はこのような感じで中に患者さんが
隠れていてもすぐに確認できるようになっています。


物置き

特に何もありませんが、物置あたりから嫌な
雰囲気が漂います。

急いで掃除!掃除!掃除!!

すると物置からの音は次第に大きくなり・・・

ギシ・・ギギッ・・ギシッ・・ギギッ・・

何かがきしむような音がします。
そ~っと物置を見てみると・・・

扉の上には縄のような物が吊るされ、揺れています。

へや3


「あぁ・・・あの縄が揺れてきしんだ音かぁ・・
 でもあんな縄あったけ?っていうかなんで
 あんな所に縄が?ここは精神病院だから
 縄は持ち込めないし病棟にはないはず・・・」


と不思議に思ってもう一度物置を見た

次の瞬間!!!

物置き2

下から血のような赤い液体が流れてきました!

「え?・・・・え?」

最初は何が起こったのか分からず、
アタフタしていたのですが物置の上の
縄をもう一度みたその時!!

人の頭が見えました!!

そして下にガックリと落とした頭を
ゆっくり上げています。

顔が少しずつ見えてきます・・・・。
目はとじていて・・・顔色は真っ青・・・・。

その間も血は物置から私に向かって流れ出ています。

顔が物置の扉の上に出てハッキリと見えるようになると
今度は目が少しづつ開きます・・・・・。

その瞬間、私は

「この血を踏んだら最後かも・・・・
 この目が合ったら最後かも・・・・」


直感で感じ、目が合う瞬間に持っていた
ホウキを放り出してダッシュ!!

焦っているのに血のない部分を見分けるすごさは

天下一品!!(笑)

猛ダッシュで外に出て、廊下にいる看護助手仲間に

「この部屋掃除無理ぃ!!!」

と叫んでしまいました。

結局、その部屋は仲間がやってくれる事に
なったんですが、仲間が部屋に入った時には
何もなかったそうです。

そしてその数日後・・・・。

休憩室で看護助手仲間が、看護婦さんに
その時の事をおもしろ半分で言っていました。

看護婦さんは皆顔が強張っています・・・。

「hikimamaちゃん・・・その部屋ってIC3?」
「どんな人やった?」

と聞かれ、私はその時の事を細かく説明しました。

するとある看護婦さんが

「実はな、あそこである患者さんが・・・・・
 首つり自殺しはってん・・・・。
 かなり前の話やけど・・・・・・・
 場所は・・・・・・・・・
 あの物置の場所やねん。
 昔はアソコの上に換気口があって
 下にはベッドが置かれててな、
 患者さん、ベッドに登って換気口に
 縄吊るして・・・。」


その瞬間!

「ぎゃぁ~~!!
 またhikimamaやりよったぁ~!」


その日からまた私は有名人に・・・・。
あの出来事は忘れられません。
スポンサーサイト

テーマ:恐怖の体験話 - ジャンル:

 
 
 
▲TOP
 
 
 
 
この記事に対するコメント
 
 

こんにちはぁ!

怖い・・ですv-12
でも、病院は本当にあるのですねぇ~v-39
できるだけ、そんな体験はしたくないですねv-13
【2008/09/26 07:43】 URL | ぴのぽん #FQtN5yfA [ 編集]

ぴのぽんさんへ
こんにちは!ご訪問&コメントありがとうございます!!
本当に怖かったですよぉ~・・。でも沢山あって最後の方は麻痺しはじめてました。その時におこったのがこの話なんです。これは今まで見た中でも一番鮮明な感じでした、(いつもはキリがかったようなモヤがあるので)
【2008/09/26 18:59】 URL | hikimama #- [ 編集]


v-10僕も本物v-39見たい~
家の近くにも有名な心霊スポットがあるのですが
v-39未だに、そこの中には入れません
入り口近くまで行けるのですが、最初の一歩が出なく困ってますv-12
今度、入り口の写真撮ってくるのでv-212見てもらっていいですか?お願いします
<m(__)m>
【2008/09/26 21:31】 URL | vip-hiro #- [ 編集]

vip-hiroさんへ
ダメダメダメダメ!!ダメですよぉ~~~!!v-11
そんな事しちゃダメです!!その一歩が踏み出せないのは自分の中の第六感が「危ない」「ダメだ」と思っているからなんですよ!!!v-40自分では分かっていなくても、自分で自分を守っているからなんですv-393
その場所の写真を撮るなんてとんでもないです!!v-399写真を撮るだけでついてくる可能性だってあるんですv-404よく皆さんが心霊スポットに行くとかおっしゃってますが、私には理解できませんv-404なぜ自分を苦しめるのか追いつめるのか分かりません。自分だけでなく、家族を犠牲にする事だってあるんですv-393家族が犠牲になるのだけはイヤでしょう?v-393
もし心霊現象をどうしてもみたいなら、霊感のある方と一緒にいると強くなる可能性があります。実際に私と一緒にいた人は強くなって文句言ってきますv-388もしよろしかったらうちに遊びに来てください。私が全力で最高の体験を見させてさしあげますから!v-415うふふふv-398
※実は小豆島旅行の写真には沢山あるものが映っています!さぁ!どこでしょぉ~~~!!
【2008/09/26 22:13】 URL | hikimama #- [ 編集]

 
 
 
▲TOP

 
 
 
 
この記事に対するコメント投稿
 
 















 
 
 
▲TOP

 
 
 
 
この記事に対するトラックバック
 
 
トラックバックURL
→http://hikifamily.blog34.fc2.com/tb.php/294-45285624

 
 
 
▲TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。