love love夫婦と2007年3月15日に生まれた愛息子のほんわか生活日記!
 
 
 
 
 
 
スポンサーサイト
 
 
【--/--/-- --:--】
 
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 
 
 
▲TOP
 
 
 
 
私の体験した不思議なお話 その15
 
 
【2008/09/14 20:55】
 
 
ここでは私の体験した不思議な体験談をご紹介しております。
(これより先は怪談話が大嫌いな方や絶対に信じない方、うさんくさいと思われる方はご遠慮ください。ノークレームでお願いします(笑))

過去の詳しいお話は不思議体験までどうぞ。

私は病院で3年間、看護助手として勤務していました。

病院では本当に様々な事がおこります。
信じられない事も・・・・・。

続きはこちらからどうぞ。
病院では夕方から各部屋のカーテンを閉めてまわります。

これはもう夜だというのを何気に知らせる為だそうです。
(精神病の患者さんのほとんどは睡眠薬を飲んで
 寝てらっしゃいますが、たまにどんなにキツいお薬を
 飲んでも効かない人や、昼間に寝すぎて夜寝れない
 昼夜逆転の人もいらっしゃるので病院ではこのように
 夕方から睡眠を促すようにしているとの事です。)


病院の裏は山になっており、木が覆い茂っております。

その山はあまりいい雰囲気ではなく、私は
好きではありませんでした。

その日も各部屋のカーテンを閉めに行っていたのですが
ある部屋のカーテンを閉めようとしていると、窓の
前にある山(坂)に人影が・・・・・

しかも私の目の前です。

そらした視線を戻すと、そこには・・・・

落ち武者のような人が槍のような
長い物を持ってこちらを見ています!


顔は青白く、一目で生きている人ではないと
確信できます。

私から視線を反らさない落ち武者・・・・。

怖くなった私は見ていない(気付いていない)
フリをしてカーテンを閉めました。

その日は夜勤で忙しく、そんな事も
忘れていたのですが数日後、フッと思い出し
休憩室で看護助手の皆と看護婦さんに
例の落ち武者の話をしたんです。

するとある看護婦さんの顔色がみるみる
青くなり、いきなり

A「もうやめてよhikimamaちゃん!!
 ダイレクトすぎるわ、その話題!」

と言ってきたのです。

ダイレクト?

私「え?どういう事ですか?」

A「実はな、今日、西2病棟のN君って看護師から
 聞いた話なんやけどさ・・・・・・・・・

Aさんがいうには、西2病棟のN看護師さんが
夜勤の時に体験したお話らしいのですが

深夜2時、廊下が騒がしいな・・・と思って
巡視に行ったそうです。

西2病棟の間取り図
病棟


ですがホールにも廊下にも患者さんの姿は
なかったそうです。

不思議に思いながらナースステーションに戻ろうと
B扉に手をかけた次の瞬間!

ガシャッガシャッガシャッガシャッガシャッ

と一定のリズムで音が聞こえたそうです

N看護師さんはなぜか恐怖感に襲われ、
後ろを見れなかったそうです。

その時、扉Bの横にある鏡に目がいった

次の瞬間!

Nさんは自分の目を疑ったそうです。
廊下には沢山の落ち武者が整列して
歩いていたそうです。

ガシャッガシャッガシャッガシャッガシャッ

という音をたてて・・・・

今思うと、あの音は着ている鎧の音ではないか・・・
という事でした。

そんな話をしていると、Nさん本人がやってきました!
そして私に言うのです。

N「hikimamaちゃん!俺、何かに取り憑かれてない?

泣きそうな顔で・・・泣きそうな声で・・・

私「なっ何なんですか急に?!どうしたんですか?」

と聞くとNさんは真っ青な顔で

N「夜勤の度に変な事が起こるねん!!落ち武者話、
 それに昨日なんか、扉Bの前で後ろを振り返ったら
 俺の足元に・・・・・・・

 足首だけが歩いてついてきててん!!

 それからも仮眠の度に金縛りにあうし!!
 もぉ~怖くてhikimamaちゃんに相談しようと思って!

絶句です・・・・。落ち武者を見てそんなに日が
たっていないのに、他の人もみていたなんて・・・。

私が絶句しているとA看護婦さんが

A「ちょっと!それは西2病棟の話やろぉ~?
 うちのhikimamaちゃんは東2病棟!
 うちのhikimamaちゃんはそれどころじゃないの!
 hikimamaちゃんも落ち武者みたり、色々
 この病棟であるんやから!帰った帰った!」

と意地悪言ってます(笑)

そして更に青ざめるN看護師さん。

N「hikimamaちゃんも見たん?!マジで?!
 hikimamaちゃん助けて!!お願いぃ!!


Nさんはすっごくパニックになっていました。
ですが・・・私には何もできません・・
(N看護師さんごめんなさい!)
本当に私には何もできないんです。

私「取りあえず落ち着いてください!
 もし何か見えても見て見ぬフリしてください。
 ビックリしたり怖がったりしちゃダメです!
 見えた時こそ平常心!いいですか?

 後・・・・・・・・・・・

 女性を泣かせるような事はもうしない方が
 いいですよぉ~?生霊とかだったら怖いですよぉ~?」

と言っておきました(笑)
(N看護師さん、女遊びがひどくて有名だったんで)

それから数年・・・私は病院をやめてしまいましたが・・
Nさんはそれからどうなっているんでしょうね。

まだ落ち武者見えるのかな・・・・?
スポンサーサイト

テーマ:恐怖の体験話 - ジャンル:

 
 
 
▲TOP
 
 
 
 
この記事に対するコメント
 
 

あいかわらず怖いです・・・
 
でも読みたくなっちゃいます(笑)

すごいなぁ・・・

凡人の私には想像もつきませんよv-12
【2008/09/14 22:40】 URL | あっちゃん #- [ 編集]

あっちゃんさんへ
こんにちは!
本当に書いていると、そういえばあんな事もあった!こんな事もあった!と思い出してしまい、ネタがつきることはありません(笑)良かったのは妊娠中はそんな怖い体験がなかったことです!
【2008/09/21 11:39】 URL | hikimama #- [ 編集]

 
 
 
▲TOP

 
 
 
 
この記事に対するコメント投稿
 
 















 
 
 
▲TOP

 
 
 
 
この記事に対するトラックバック
 
 
トラックバックURL
→http://hikifamily.blog34.fc2.com/tb.php/282-c1a2af43

 
 
 
▲TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。