love love夫婦と2007年3月15日に生まれた愛息子のほんわか生活日記!
 
 
 
 
 
 
スポンサーサイト
 
 
【--/--/-- --:--】
 
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 
 
 
▲TOP
 
 
 
 
私の体験した不思議なお話 その14
 
 
【2008/09/13 17:02】
 
 
ここでは私の体験した不思議な体験談をご紹介しております。
(これより先は怪談話が大嫌いな方や絶対に信じない方、うさんくさいと思われる方はご遠慮ください。ノークレームでお願いします(笑))

過去の詳しいお話は不思議体験までどうぞ。

私は病院で3年間、看護助手として勤務していました。

病院では本当に様々な事がおこります。
信じられない事も・・・・・。

続きはこちらからどうぞ。
私達看護助手にも夜勤というものがあります。

看護師さん2名に看護助手1名が大体の夜勤者メンバーです。

私達看護助手の主な仕事は食事の配膳、食事介助、
食事に使われるお箸などの洗い物、オムツ交換、
消灯時間の電気消し、消灯後の巡視
などが主な仕事ですが
仮眠する看護師さんの簡易ベッドなどをリネン室から
出してくるのも仕事の1つです。

さて、今日も何事もなく過ぎ・・・
看護師さんの仮眠の時間になりました

リネン室は病棟の一番奥にあります。

病棟

一本道ですが、結構遠かったりします。
しかも消灯しているので廊下は小さい明かり
しかありません。

結構怖かったりします(笑)

簡易ベッドには小さいタイヤ(?)がついているので
押すか引けば動きます。

リネン室へ行き、簡易ベッドを
ナースステーションまで運びます

私は押すより引きながら持って行く方が
方向があっちに行ったりこっちに行ったりせずに
安定して運べるので好きでした

暗く続く廊下を必死に引きます

PICUの前らへんに着いたとき、
後方のトイレ付近になにかゴソゴソ
動くものを発見しました

私はまた患者さんかな?

なんて思って見ていると・・・その
黒い影は這いながらこちらへ向かってきます。

ズズッ・・・・ズズッ・・・・・

まるで匍匐(ほふく)前進するかのように
這ってきます・・・・・。

私は「まぁ~た患者さんが悪ふざけしてる・・・」と
ちょっぴり呆れモードで見ていると・・・・・

なんか様子が違います・・・・。

その黒い物体の後には何か後が残っています。

黒い影・・・・
その後に残る黒い跡・・・・

目を細めてよぉ~く見てみると・・・・

その黒い人物には
下半身がありません!!


下半身がないんですよ!!

まるでちぎれたようにないんです・・・。

そして、その後には胴体を引きずった後にできた

血の跡があるんです!!!

私の後を追ってくるかのように
必死に這ってきます・・・。

私は怖くなり、ベッドを持ってダッシュ!

ナースステーションに入るなり、全てのドアの鍵を
閉めはじめました!!

こんな状態の私を見た看護師さん、もう
私にそういうものが見えるのはご存知なので

「今度は何やぁ!!!」

と聞いてきました。
私は一部始終の話をしましたが、とある
1人の看護師さんだけは信じてくれません。

「hikimama ! 枕ないぞぉ!持ってこい!!」

虐めです・・・虐めですぅ~・・・
(悪ふざけだったんですけど私には虐めです(笑))

少し時間をいただいてからもう一度廊下をチェック・・

誰もいません。

変な空気もありません。

ダッシュでリネン室!!


ダッシュで帰るぞ!ナースステーション!

と思ってダッシュしていると・・・・

前にいる!!

前(PICUあたり)に

匍匐前進がいるんです!!

帰れません・・・帰れません・・・・

遠回りだけどトイレ横の通路を通って
女性病室前から帰るしかありません・・・。

でも何か様子がおかしいのです・・・・

スタスタ匍匐前進しているんです・・・

さっきと違う・・・・・・・

新手かっ?!

にしても空気が普通です・・・・
あの黒い影が出る時のような異様な
空気ではなく、ふつうの空気です・・・・・

恐る恐る調べに近づくと・・・・・・

その匍匐前進は・・・・・・・

患者さんだったのです!!

怖かっただけに苛立ちが・・・・・(笑)

私「ちょっとTさん?こんな真夜中に何してるのかしら?

T「あ・・・hikimamaさん・・・エヘヘ・・・

私「・・・・・・・・・・・・

T「ちょっと煙草吸いたくて・・・エヘヘ・・・

Tさんは這いつくばって私を見上げます。

私「・・・・・Tさん?」

T「はっはい!・・・・・・・

私「消灯時間はもう過ぎてます!
 消灯後は煙草吸えない決まり!
 しかも あなた・・・・・・・


 煙草なんて吸わないでしょぉ~!!

 まぁ~た性懲りもなく、女性の病室に
 行く気でしたね!!!!


 そんなヤツはぁ~・・・・・



 天誅!!!!

私は這いつくばったTさんの背中を
踏んでやりました!(笑)

私の体重がTさんを苦しめます(笑)
(なんせその時の私の体重は3ケタでしたから)

Tさんは逃げる様に病室に帰っていきました
(まったく・・Tさんの夜ばいクセには参った・・)

でも・・・その前のは明らかに人ではなかった・・

あれはなんだったのでしょう・・・・
スポンサーサイト

テーマ:恐怖の体験話 - ジャンル:

 
 
 
▲TOP
 
 
 
 
この記事に対するコメント
 
 
 
 
 
▲TOP

 
 
 
 
この記事に対するコメント投稿
 
 















 
 
 
▲TOP

 
 
 
 
この記事に対するトラックバック
 
 
トラックバックURL
→http://hikifamily.blog34.fc2.com/tb.php/281-db15990a

 
 
 
▲TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。