love love夫婦と2007年3月15日に生まれた愛息子のほんわか生活日記!
 
 
 
 
 
 
スポンサーサイト
 
 
【--/--/-- --:--】
 
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 
 
 
▲TOP
 
 
 
 
私の体験した不思議なお話 その10
 
 
【2008/09/04 22:15】
 
 
ここでは私の体験した不思議な体験談をご紹介しております。
(これより先は怪談話が大嫌いな方や絶対に信じない方、うさんくさいと思われる方はご遠慮ください。ノークレームでお願いします(笑))

過去の詳しいお話は不思議体験までどうぞ。


最近、「不思議体験のファンです」といったコメントを
頂きました。正直、この不思議体験は自分の中でも
「皆、そんなに楽しみにしてくれてないだろうし、
嘘つけぇ~!こういいって・・・みたいに思って
らっしゃるんじゃなかろうか・・・・」なんて
思っていたので嬉しかったです。ありがとうございます!


では本題に入ります!
わたしの実家で座敷は鬼門なのか、かなりの
霊がウヨウヨしているようです

高校の時にHちゃんという子が泊まりにきたのですが、
Hちゃんは元々少し霊感があるのを隠していたようです。

私の家に泊まりにくると大体、座敷で一緒にワイワイします。
その日もHちゃんと一緒に夜中までお話していたのですが・・

夜中の2時過ぎに、急に周りの空気が変わりました

その変わった空気に気付いたHちゃんの様子も
少しソワソワ・・・・・・・・・

お互いに霊感がある事を伏せていたので

「もう遅いし寝よっか?!」

なんて言いながら、布団に潜り込みました。

でも、一度空気が変わってしまうと

五感が騒ぎ出すような感じで興奮状態になってしまい、
寝れなくなってしまうのです。


Hちゃんも私もお互いに布団に入ったものの
寝れず、結局寝ながらお話する事に・・・・・

するとHちゃんの顔色が急に強張りました!

何なの~?と思いながらHちゃんの
視線の先(部屋の隅)を見てみると・・・・・・

黒いモヤがかった影が
ワサワサ出てきます!


視線をゆっくり反らし、呼吸を整え、
布団に入っているHちゃんの方を見ると・・・・

寝てるHちゃんの後ろにも黒い
大きな影がいるじゃありませんか!


私は驚かさないように小声でHちゃんに

「なぁ・・・H。びっくりしたらあかんで?
 大声あげたり、ビビったような表情したら
 あかんで?落ち着いてきいてな?」


Hちゃんは私の(Hちゃんの後ろを見た時の)
表情で自分の後ろにも何かいるんだろうと
何気に気付いているようです。

「うん・・・・分かった・・・言うて・・・」

「部屋の角から黒いモヤみたいな影が出てきてるの
 見えたよな?見えてるよな?」


「・・・うん。今もすごい数のモヤが出てて
 止まれへんで・・・・・・・・・・」


「あんな・・・あんたの後ろにも大きな
 男の形をした黒いモヤが立ってるねん。」


「あのな・・・あんたの後ろにもいるねん・・・。
 あんたのは...寝転がって寄り添ってるみたいに
 おるねん・・・・・・」


シーンとする二人・・・・・・
寝転がりながら微動だにせず相手の様子を
伺います。

「なぁ・・・・『いっせーの~で』で一緒に振り向かん?」

「えぇ!!」


「お互いに見えてるものが同じなんか確認しようや。
 もし、これで同じものが見えてたら、うちらは
 霊感あって、お互いに同じ物が見えるって証拠にも
 なるやろ?」


「うん・・・・。実はさ、Hには内緒にしててんけど・・
 うち、小さい時から他の人に見えんもんがよく
 見えててん。でも自分でも認めたくなくて・・・・
 見て見ぬ振りしてたし、誰にも言わんかってん」


「うちも!うちも!だからhikimamaが一緒のもの
 見えてるの、うちは嬉しいで!」


「・・・・分かった!見よう!」

お互いに覚悟を決めて・・・・

「いっせ~の~で!」


私の後ろには、私と一緒に寝転がってる黒い男が・・・
Hの後ろには大きな黒い男が立っているのが
お互いの目で確認できました・・・・・・。

その瞬間!

「ぎゃぁ~~~~~~!!」

二人とも気持ち悪いやら怖いやらで
たまらず悲鳴をあげ、お互いに布団の中に
潜り込んで隠れました!!

ですが次の瞬間!!

「h・・・・hikimama!苦しい・・・・・
 なんかが上に乗ってて重い!!!!」


とHが言い出したのです!!
慌てて布団の隙間からHの布団の上を見てみると
黒いモヤがかった大きな男が・・・・・・・・

Hの上に覆いかぶさっていました!!

「H!上に乗っかってる!乗っかってる!!」

「重いぃ~・・・苦しいぃ~・・・・」

Hが苦しがってる丁度その時!

私の足にも異変が!!

誰かが私のあしの親指を思いっきり強くつまんでるんです!
うずくような痛いようなその感覚は次第に広まり、私も

「いたたたた!!!痛いぃ~~~~~!!」


Hと一緒にもがき苦しみました・・・・

そこから記憶がありません。

お互いに気付いた時には朝でした。

あれからどうなったのか・・・・Hも
覚えていないというんです・・・・・・。

寝た記憶さえないと・・・・・。

あれはなんだったんでしょうか・・・・・・
スポンサーサイト

テーマ:恐怖の体験話 - ジャンル:

 
 
 
▲TOP
 
 
 
 
この記事に対するコメント
 
 

ちょくちょく拝見させていただいてます。
応援ポチッ!!!
【2008/09/04 20:29】 URL | サトシ #- [ 編集]

サトシさんへ
こんにちは!初めまして!!
ご訪問&コメントありがとうございます!!
こうやって見てくださる方がいらっしゃると、すっごく嬉しく思います!!本当にありがとうございます!
【2008/09/04 20:47】 URL | hikimama #- [ 編集]


v-405いいねぇ~
ゾクゾクしてくる~
【2008/09/04 21:51】 URL | vip-hiro #- [ 編集]


こんにちは!
hikimamaさんの不思議体験、めっちゃこわいじゃないですか!
怖いというか恐ろしいですね....笑
わたしは怖がりなのに、怪談ばなしは怖いものみたさ?みたいなかんじで聞いたり読んだりしてしまいます..
霊感とか、これっぽっちもないんですけどね。笑
でも何かみてたとしても絶対に、振り向いて確認するなんてできません~。hikimamaさんスゴイ!
【2008/09/05 05:00】 URL | よしえ #- [ 編集]

vip-hiroさんへ
もぉ~痛いのなんのって、たまりませんよぉ~・・・
【2008/09/05 10:13】 URL | hikimama #- [ 編集]

よしえさんへ
こんにちは!
子どもの時って人一倍怖いもの見たさが強かった気がします。しかも初めて同じ物が見えるお友達がいたのでお互いに違う意味でテンション上がっていたと思います(笑)
でもあの座敷は本当に色々あったんですよぉ~・・・この話はまた今度・・・。
【2008/09/05 10:16】 URL | hikimama #- [ 編集]


それは大変でしたね。
hikimamaさんが見ているものと同じものを
見れる友達がいるのはとてもうらやましいです。
またブログに遊びに来ます。
【2008/09/13 12:59】 URL | レイチェル #0ls4tc0A [ 編集]

 
 
 
▲TOP

 
 
 
 
この記事に対するコメント投稿
 
 















 
 
 
▲TOP

 
 
 
 
この記事に対するトラックバック
 
 
トラックバックURL
→http://hikifamily.blog34.fc2.com/tb.php/268-7dff526c

 
 
 
▲TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。