love love夫婦と2007年3月15日に生まれた愛息子のほんわか生活日記!
 
 
 
 
 
 
スポンサーサイト
 
 
【--/--/-- --:--】
 
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 
 
 
▲TOP
 
 
 
 
私の体験した不思議なお話 その9
 
 
【2008/08/27 13:12】
 
 
ここでは私の体験した不思議な体験談をご紹介しております。
(これより先は怪談話が大嫌いな方や絶対に信じない方、うさんくさいと思われる方はご遠慮ください。ノークレームでお願いします(笑))

過去の詳しいお話は不思議体験までどうぞ。


私の実家ではいつも不思議な事が起こっていました。

しかも!!!

一番ひどい(怖い)出来事はいつも私が家で

一人の時に起こるんです!!!


これは私が高校2年の時のお話・・・。

その日は家族皆が母の実家(滋賀)に行っていて、
私は土日に中之島美術学院専門学校の夏期講習が
あったので行けませんでした・・・・。

一人でリビングのテレビをみていると時間は23:00に。

外は台風が近づいていて、強い風が吹いていました

大体、不思議体験がおこる前というのは
部屋が異様な空気になります

何もないのに鼓動が早くなり、不安感が襲ってきます。

そしてある部分が無償に気になります

見てはいけない・・・でも気になって見てしまう・・・
そこから何かが起こったり出てくるのは分かっているのに
目が反らせない・・・・・・・

そのような感覚になるんです。

その日もそうでした。

テレビの目の前でビデオの操作をしていると・・・

空気が一変しました。

異様な殺気というか空気がテレビの後ろから
漂ってきます・・・・・

ヤバいッ!!

殺気を察知した私はビデオの電源をオフにし、
テレビの電源をオフにしました!!

その瞬間!!!

テレビの後ろの壁から

ドンッ!・・ドンッ!・・ドンッ!

と音がするのです!!!
音はかなり強く、部屋中に響き渡ります。

テレビ裏の壁の向こうには庭があるだけで何も
ありません。あるのはかけてあるホウキだけです。
でも明らかに誰かが向こうの壁から叩いている
ような音がします

最初は「ホウキが強風で壁に当たっているのかな?」なんて
現実逃避してみたんですが、それにしてもおかしいんです。

まず、どれほどの強風だったとしても、あれほどの音は
まず出ないであろうという事・・・・・・。
そして・・・音が一定のリズムを保っているという事。

ドンッ・・ドンッ・・ドンッ・・ドンッ・・ドンッ・・

風ならこのような一定のリズムは不可能です。

怖くなった私は部屋の電気を消して一目散に
自分の部屋へ逃げました

ですが・・・・私の部屋はそのリビングの部屋の
ナナメ上・・・・。壁は私の部屋のベランダがある
部分と一緒(一体?)なのです

ドンッ・・ドンッ・・ドンッ・・

という音が私の部屋にも聞こえてきます。
そしてその振動も伝わってくるんです!!

しかも音がどんどん大きくなっている!!!

人間というのは不思議なもので怖いのに
その場所や実態を見たい、知りたいと思ってしまうんです。

私のベランダからはナナメ下をみればテレビ裏の
壁が見れます。この音の正体が分かるんです!!

思い切ってベランダをあけ、這いつくばって
ベランダの柵から下を見下ろします

下のその場所は真っ暗で何も見えません・・・。

結局、正体の姿を見ぬまま、その日は
布団を頭からかぶって寝ました

次の日・・・・帰ってきた妹に昨夜あった事を話し、
妹に協力してもらってテレビ裏の壁を見に行く事に。

特に変わった物はありません。

思い切って壁を叩いてみました。
すると・・・・・

トスッ・・トスッ・・

・・・固い外壁は昨夜聞いたような音ではなく
響かない音を出しました・・・。

あの音は一体どこから・・・・・?

不思議に思いながら部屋に戻ります・・・・。

でも気になります・・・あの音はどこから
聞こえてきたんだろう・・・・・

何気にテレビの後ろの壁を叩いた瞬間!!

ドンッ・・ドンッ・・

全く同じ音がしたのです!!!

という事は・・・・あの音の主は外からではなく、
中から壁を叩いていたという事????

私がビデオの操作をしているそのテレビの向こう側に
すでにいたという事?

ゾゾゾ~~~ッ!!

としました。
そしてその晩、またベランダからその場所を
見てみたのですが・・・・

その場所は・・・・・・
街頭に照らされて明るかったのです・・

あの音はその日以来聞いていません・・・。
あれはなんだったのでしょう・・・・
スポンサーサイト

テーマ:恐怖の体験話 - ジャンル:

 
 
 
▲TOP
 
 
 
 
この記事に対するコメント
 
 
 
 
 
▲TOP

 
 
 
 
この記事に対するコメント投稿
 
 















 
 
 
▲TOP

 
 
 
 
この記事に対するトラックバック
 
 
トラックバックURL
→http://hikifamily.blog34.fc2.com/tb.php/262-1de00d46

 
 
 
▲TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。