love love夫婦と2007年3月15日に生まれた愛息子のほんわか生活日記!
 
 
 
 
 
 
スポンサーサイト
 
 
【--/--/-- --:--】
 
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 
 
 
▲TOP
 
 
 
 
私の体験した不思議なお話 その4
 
 
【2008/07/30 11:39】
 
 
ここでは私の体験した不思議な体験談をご紹介しております。
(これより先は怪談話が大嫌いな方や絶対に信じない方、うさんくさいと思われる方はご遠慮ください。ノークレームでお願いします(笑))

私は小さい頃から見えなくていい物が
見えていました

誰にも信じてもらえず、怖いのもあり
私は「これは幻覚だ」「これは幻聴だ」と
現実を受け入れられませんでした

過去の詳しいお話は不思議体験までどうぞ。

そんな私があろう事か病院勤務していたんですよね。
今思うとチャレンジャーだなぁ~・・と思います(笑)

さて、今日はその病院のお話

私がその病院に入社した時、その病院は新しく
棟を建設中でした。新しい棟は東館といい、今まで
いた棟は西館になる予定でした

東館が完成すると、ひとまず大移動があり
職員も患者も東館に移ります

そして西館のリフォームが始まったんですが・・・・・

西館には(古いだけに)色々と噂がありました。
その中でも最も噂が多かったのが西2病棟でした

男子閉鎖病棟(私が勤めていたのは精神病院です)で
古いだけに病棟も汚いのですが、それだけではなく、
唯一その病棟だけが『お札』を貼っていました

その西2病棟のリフォーム時期・・・・・

私は東2病棟に勤務していたのですが、西2病棟から
移動になった看護助手の先輩から『命令』があった
んです・・・・・・・

「今リフォームしている西2病棟は今日はリフォームを
していない。西2病棟においてあるホウキや使える物を
取りに行ってこい」

私は「勘弁してください!」

と言ったんですが看護助手内の女ボスM先輩には
逆らえません。それでも嫌だと言った所、先輩も
一緒に行く事に

先輩にブツブツ言われながら西2病棟へ・・・・
(この先輩本当に怖いんですよねぇ・・・・)

続きはこちらからどうぞ・・・
西2病棟は電気も通っておらず、昼間なのにも
関わらず薄暗くて・・・・物々しい雰囲気・・・

はっきり言ってかなり怖かったです・・・・

病棟の間取りはこんな感じ・・・

病棟

私達は扉Dから扉Cへ・・そして廊下を歩いて
扉Bを開け、ナースステーションに置いてある
ホウキやチリトリなどを物色していました

※ちなみに書き忘れたトイレはホール下の方にあります。

ナースステーションとホールの間にある壁には
割れないガラスの窓が4つあります。

先輩は物色に必死・・・・・
私は初めての西2病棟が怖くてビクビク・・・
でも怖いもの見たさでIC部屋という所を
見て回っていました
IC部屋は詳しく書いていませんが隔離部屋
という個室が4つあります。
IC1・・・IC2・・・IC3・・・IC5・・・
一番怖かったのはIC3です

なぜか「ギギッ・・・ギギッ・・・・」といった
音がなるんです

そしてナースステーションに戻って
M先輩に「帰ろう」と言った

その瞬間!!

誰もいないはずのホールから
ナースステーションの窓を

コンコン・・・コンコン・・・・・

叩く音がするんです!!!

その音はM先輩も聞いていました
流石のM先輩も怖くなったようで

「hikmama!!帰るで!!!」

と、大急ぎで帰る用意を・・・・・
後から知った事なのですがM先輩も多少は分かる体質なんだとか・・・

慌てて扉Bを開け、ホールを抜けて扉Cへ向かいます!!

ホールから2番目の部屋を通り抜ける時、
何か嫌な予感がしてソッと後ろを振り向くと・・・

IC部屋の前らへんに誰かがいます!!

長い髪をまるで「貞子」のように前に垂らし、
こっちを見つめているかと思いきや、
急にこっちに向かって歩き出したのです!!

歩き方もすごく特徴があり、右足を引きずって
前のめりになりながら歩いてくるんです!!


しかもその早さが尋常ではない!!

片足を引きずって長い髪を振り乱し、その
長い髪から見える目は鋭く、憎悪が伝わってきます

「ぎゃぁ~~~!!!Mさん!!
Mさん!!!走って!!早く!!
早くぅ~~~!!!イヤァ~~!!」


M先輩も後ろは見ないものの、私の尋常ではない
うろたえぶりと、声と、後ろから来る殺気で
流石のM先輩も何か気付いた様子・・・・・

2人でダッシュ!!!

ですが扉C、扉Dには鍵がかかっています
(精神病院では患者さんが脱走しないように
『閉鎖病棟のみ』常に扉には鍵をかけます。)


こういう時って、鍵がうまく開けれないんですよね
M先輩が震える手で鍵を必死に開けようとしている横で
私は迫ってくる『貞子のような女性』を確認して

「早く!!早く!!早くぅ~~~~!!!」

と叫んでいました・・・・・
扉CをあけたM先輩、先輩には扉Dを開けてもらい
私は扉Cの施錠です!!

扉Cには長細い小窓があり、中が見えるんですが
その窓からは迫ってくる『貞子のような女性』が
もうすぐそこに!!!!

「hikimama!!扉Dの鍵が開いたで!!」

と言われると同時に扉Cの施錠も完了!!
二人で扉Dを出て慌てて扉Dを施錠!!

一目散に逃げましたが二人とも足はガクガク・・・
顔は真っ青・・・・・・

病棟に帰った私達を見て看護婦さんが
「どうしたんアンタ達!!顔が真っ青やで!!」
と・・・・・・・・

後からM先輩に「あの病棟は男子閉鎖やってんから
女性の霊なんているわけないやろ!!!」と怒られ
ましたが、勤務年数40年の看護婦さんに聞いてみると
20年ほど昔は西2病棟は女子閉鎖病棟だったそうです

そしてIC3号室は・・・・昔に患者さんがその
部屋で首と吊ってらっしゃったんだとか・・・・
(あのギギ・・・ギギ・・・って音はもしかしたら・・・・)

そしてその看護婦さんがいうには・・・・・
確かに髪を切りたがらない患者さんがいて、
その患者さんは右足が悪く引きずって歩いていた
んだそうです・・・・・・。
そしてその患者さんが首を吊って自殺されて
いたんだとか・・・・・

その話を聞いてM先輩と私がまた真っ青に
なったのは言うまでもありません
スポンサーサイト

テーマ:怪談 - ジャンル:

 
 
 
▲TOP
 
 
 
 
この記事に対するコメント
 
 

きました!!
こういう話は怖いくせに、好きなジャンルです。

でも、病院って怖いですよね。ワタシだったら看護婦つとまらないな・・・。
【2008/07/31 07:47】 URL | 樹 魚月 #SCHLwbfo [ 編集]

やはり
私の姉も看護師でした(今もですが)ので、病院の話は色々と聞いていました。
病院は、色々と逸話?が有りますよね。

貧乏学生だった頃ですから、今から28年前になりますが、私は病院の警備員をしたことがありましたが、一番、イヤだったのが、夜中の産婦人科の診察室です。
色々とアルコール詰めのものがあり、とても怖かったですよ。

あと、霊安室も怖かったですね。
ご遺体がない場合のみ、霊安室の見回りをするのですが..........
なかなかの度胸試しです。

あと、夜中午前二時ごろ、に懐中電気を手に持ちながら、廊下を歩いていると、角から突然に人影が........思わずギャーと言って、後ろに吹っ飛びました。

それは、90歳くらいのお婆ちゃんでした。

いやいや、懐かしい話です。
【2008/07/31 16:40】 URL | 早野雄二 #q2mADfuQ [ 編集]

はじめましてアドバタフライ事務局です!
♪ La Dolce Vita ♪ ~Sweet home へようこそ~ 様

※失礼ながら、他に手段がないため、メッセージ欄を利用して
コンタクトさせていただきます。

こんにちわ。ブログ広告のアドバタフライ事務局担当の真弓と申します。
アドバタフライとは、あなたのブログにふさわしい広告主との
マッチングを行い、広告配信を行うシステムです。
つまり、あなたのブログに広告スペースを設置していただけば、
あなたのブログへ広告が配信されるのです。

広告掲載を希望する広告主があれば、事務局からあなた宛に
事前に掲載オファーが届きます。その広告掲載が気に入らない場合は、
拒否することも出来ます。

また、広告配信だけでなく、以下のようなサービスも準備中で、
随時サービスインしていきます。

1 会員限定!サンプリング及びモニター体験
2 あなた自身の広告を配信するチャンス!
3 ブロガー同士のオフ会サポートや、イベントのお誘いなど、リアルコミュニケーションのサポート
4 アドバタフライを通じての社会貢献活動への参加
http://park.adbutterfly.com/

【簡単4ステップ】以下の手順でご登録下さい。
↓  ↓  ↓  ↓  ↓
<ご登録の流れ>
1.http://welcome.adbutterfly.com/p/84539 にアクセス
2.あなたのメアドを入力し、送信ボタンを押します
3.送られたメアドに確認メールが届きます。記載されたURLを
クリックし、登録いただくあなたのブログURLを入力いただき、次にあなたご自身の
データをいくつか登録していただきます。
4.最後に、あなたのブログに貼りつける「広告掲載用HTML」が発行されますので、
あなたのブログ管理画面で設定してください。

http://welcome.adbutterfly.com/p/84539
ここをクリックして登録スタート!
是非、ご参加をお待ちしております。

アドバタフライ事務局 真弓
お問合せ: http://park.adbutterfly.com/contact

運営会社 (株)CGMマーケティング
http://www.cgmm.co.jp/
【2008/08/01 16:58】 URL | アドバタフライ事務局 #- [ 編集]

コワイ話大好き!
ひぃぃぃぃぃぃぃぃぃ!!!!
(((((((( ;゚Д゚))))))))ガクガクブルブルガタガタブルブル
実際に体験したhikimamaさんの方が怖いんだろうけど、
読んでても怖い!!
というか、書くのうまっ!
あの図もまたいい!見せ方知ってますねv-218
鍵を閉めてもユウレイだと扉をすり抜けて来そうでコワイですよね・・・(´ρ`;)
【2008/08/03 02:36】 URL | えみ #a2H6GHBU [ 編集]

樹 魚月さんへ
私も今思うと怖いです!!
しかも夜勤の時に必ず何かが起こっていたので・・・・そのお話はまた後日!!
【2008/08/03 19:10】 URL | hikimama #- [ 編集]

早野雄二さんへ
ありますあります!!
霊だと思ったら患者さんだった!!って話!!
私もぎゃぁ~~~!!と叫んでしまいました(笑)
でも怖かったのはその後の看護婦さんの対応の方でしたが・・・・・
【2008/08/03 19:12】 URL | hikimama #- [ 編集]

えみさんへ
ありがとうございます!!
そうなんですよ!!迫ってくる霊が扉をすり抜けられるのかどうかは分からないので、ドアを閉めて鍵をかけてもまだ落ち着かないんですよねぇ~(>o<)
これはまだ序の口!まだまだあります!怖いお話・・・・夏だけに皆さんに涼しさを~(笑)
【2008/08/03 19:14】 URL | hikimama #- [ 編集]

 
 
 
▲TOP

 
 
 
 
この記事に対するコメント投稿
 
 















 
 
 
▲TOP

 
 
 
 
この記事に対するトラックバック
 
 
トラックバックURL
→http://hikifamily.blog34.fc2.com/tb.php/240-738737b4

 
 
 
▲TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。