love love夫婦と2007年3月15日に生まれた愛息子のほんわか生活日記!
 
 
 
 
 
 
スポンサーサイト
 
 
【--/--/-- --:--】
 
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 
 
 
▲TOP
 
 
 
 
スーパーのパート [ 総菜編 ]
 
 
【2008/07/25 23:08】
 
 
今日はスーパーでパートしていた時に
本当にあったお話総菜編です!!

私は総菜部のおばさん2人、鶏肉屋のご夫婦、野菜屋のおじさん、
魚屋のおじさんと大の仲良しでした!!

皆よくしてくださり、お昼休憩になると
「hikimamaちゃん!これお食べ!!」と
差し入れをいただきます

そんなある日、総菜部の部屋からおばさん2人の
話し声が・・・・・。何を話しているのか分かりませんが、
なんか悩んでいるご様子・・・

取りあえず「お疲れさまでぇ~す!どうしたんですかぁ~?
まだ帰られないんですか??」と声をかけると

「・・・・・hikimamaちゃん・・・・」

と暗いお2人・・・・
よく見ると調理場のテーブルには賞味期限切れの
商品が山積み・・・・・・・

「・・・・???これって私が今日下げた
 賞味期限切れの練り物ですよね????」

おばさんの1人が
「そうなの・・・今日、店長(肉屋の息子)がこれを
 持って来て、これを総菜に混ぜたりして出せって
 言われたの・・・・・。」

・・・・・
・・・・・・・・
・・・・・・・・・・

えぇぇ!!でもそれって・・・・いいんですか?」

「・・・・でも言われたから・・・仕方ないのよ」

確かに賞味期限が1日くらい切れてようが、牛乳ではなく
練り物なので多少は大丈夫・・・・・・・・・
でも良心が許さない・・・

それでも店長に命令された総菜のオバサン達は仕方なく
色々なメニューを考え出しました

そして何も知らないで買って行くお客様・・・・

私はどっちかというと白黒はっきりつける方で
ダメな事は断固としてダメというタイプです・・・

もう胸が張り裂けそうなくらい苦しかったのを
覚えています

もう「王様の耳はロバの耳」状態ですよ・・・・

そして・・・いつも来るおばあさん・・・・・
総菜の前でいつもの様に悩んでらっしゃいます

私「こんにちは!今日も暑いですねぇ~」
おば「あらあら、こんにちは!今日も
   オススメをお聞きしてもいいかしら?」

私はすかさず

私「これと・これと・これと・これと・これは
  止めた方がいいと思います!!理由は
  聞かないでください!!」

と言ってしましました。
おばあさんは黙ったまま私を見、少ししてから

おば「あなたも色々大変なのね。それなのに
   聞いてしまってゴメンなさいね。
   でも教えてくださってありがとう。
   じゃぁ、今日はこれをいただくわ
   年寄り一人だと自分で作るよりも
   こういう総菜の方がありがたいのよ~

と言って、それ以上は何も聞きませんでした。
なんか・・・・辛くなってしまいました・・・

そしてまたまたある日・・・・・

すごい物をみてしまいました

それは冬の事・・・・・・・・

店長が何を血迷ったのか肉まん・アンまん・カレーまんを
大量に仕入れたのです

80歳~90歳くらいのお年寄りしか来ないこのスーパーに
肉まん・アンまん・カレーまんは置いてもそんなに
売れない事は誰が見ても分かるはず・・・・・・・

店を放置して愛人の所に行って帰ってこない店長には
店の事など全く分かっていないのでしょう・・・

案の定、肉まん・アンまん・カレーまんは
大量に賞味期限切れになってしまい、裏に運びました・・・

「こんなもったいない・・・・」

パートの皆がそう思いました。
そして次の日・・・・・・・・・・・
総菜の場所に見慣れない物が・・・・

その見慣れない物は白いプラスチック製容器に
入ってラップがしてあり、ラップの上にはお店の
バーコードシールが貼ってあります。商品名は・・・

「肉まん」「アンまん」「カレーまん」

賞味期限は今日から1ヶ月・・・・・・

これって昨日回収した肉まん・アンまん・カレーまん
じゃなかったっけ??????

頭をかしげていると、総菜のおばさんが

「また店長なのよ・・・・」

と・・・・・。ですがこの商品、全く売れずにいました(笑)
本当に全く売れなかったんです!!!

総菜の部に置いてあるものの管理は総菜の人が
するので私達レジ係も全く触らずでした。

そして全く売れない事もあり、皆忘れかけていたんです・・
その存在に・・・・

ある日、総菜を物色していると、久しぶりに
肉まん・アンまん・カレーまんが・・・・・・・

よぉ~~~く見ると・・・・・

カビがはえてます!!!!

慌てて裏へ持って行くと、店長が

店「おぉ!それ、もうあかんのか?
  じゃぁ表のシールを賞味期限変えてまた出すか!」

・・・・はぁ????

私「無理です!!カビはえてますから!」

店「じゃぁ、皮とって出すか?!」

・・・・・・ブチッ!!

私「 無理に決まってるでしょう!!
  っていうかこんなの売れませんよ!!!
  っていうか、いつも苦情聞いているのは
  誰だと思ってるんですか?!」


私が血相変えて怒るもんだから店長タジタジです・・・
そりゃそうでしょう・・・・毎日毎日、愛人の
所に行き、携帯には出ない・・・クレームは
こっち持ち・・・・。ほとんどの商品の発注も
私達レジ係。売れ残りがないように毎日色々
調べてお客様のお好みの物を発注するように
しているのもレジ係・・・・・・・
そんな苦労も知らずに店長が勝手に発注した
商品は大量に破棄・・・・・・・・・・

いい加減にしてほしいです・・・・・・

でもこんな物ではないんですよ・・・・・
もっとあるんです・・・・・・

このお話はまた次回に!!
スポンサーサイト

テーマ:考えること - ジャンル:その他

 
 
 
▲TOP
 
 
 
 
スーパーのパート [ 魔の牛乳編 ]
 
 
【2008/07/24 19:50】
 
 
私は美術短大を卒業した後、就職が中々決まらず
在宅でオモチャのパッケージデザインとスーパーの
パートを掛け持ちしていた事がありました

今日はそのスーパーであった実際にあった
出来事をお話したいと思います

最初にこれは私が21歳の時に経験した事で
今現在もあるわけではなく、そういうスーパー
ばかりではない
という事をご理解くださいませ。


さて、私が勤めていたスーパーはとっても
不便な所にある田舎スーパーです

最初は色々なお店が寄り合って出している
「市場」だったんですが、その市場も経営難で
倒産。その市場の中にあるお肉やさんが
市場の人に「いっしょにスーパーをしないか?」と
話を持ち込み、皆で投資して出来たスーパーです。

近所にはお店らしきものはなく、車を
持ってらっしゃらないお年寄りの方は本当に
このスーパーを頼りにされていました。

オープン前に面接を合格し、レジ係として勤務
する事になりましたが、実際にはレジ以外にも
品出し&発注&在庫整理&検品&値段打ちなどの
仕事も全てやらされていました

パソコンを使える人間が店長(肉屋の息子)以外に
私しかおらず、私だけがパソコンに商品の名前と値段と
バーコード入力をさせられていました
スーパーがオープンしてからもその日の特売値段は
早朝の私の仕事でした

そこのスーパーの店長・・・・・
この店長が本当に全くといっていい程仕事のしない
人でパート仲間の間ではかなりブーイングでした

オープン当初は来てくださっていた人も
日に日に少なくなり・・・・・・・・・
お客さんは近所にいる足の不自由なお年寄りだけに
なってしまいました。

在庫もどんどん増えていき・・・そして処分・・・
そんな日が多々見られる様に・・・・

そんなある日、お菓子のコーナーの品物をチェックしていて

ビックリ!!!!


賞味期限がかなり長いはずのスナック菓子の

賞味期限が切れているんです!!

もう大慌てで裏へ下げました
そんな賞味期限切れの品物が裏にたまってきて、
どうするのかと思っていたんですがケチな店長は
絶対に従業員にあげたりなんかしません

一番ビックリしたのは牛乳です
昨日の賞味期限切れの牛乳を裏で捨てるようにと
指示があったので、心がかなり痛んだんですが
持って帰る事もできずに破棄する事に・・・

ジョバジョバジョバァ~・・・・
・・・・・・・・・・・・
ドロッ


「・・・・ドロ??ドロッて何・・・?」

よ~く見てみると牛乳の底の方が・・・・

ヨーグルト化していたんです!!
そう!腐っていたんですよ!!
賞味期限、昨日の品物ですよ?!

なんでっっっっ?!

後で知った事なんですが、ドケチな店長は
店内にある冷蔵庫の温度設定を
かなり高くしていたそうです・・・

真夏にそんな温度設定・・・
そりゃ~腐るわ・・・・・・・・・
っていうか賞味期限切れてなくても腐ってたんじゃ・・・
皆、賞味期限を信じて買っているのに・・・・・・・・
特にお年寄りなんて体弱いのに・・・・・
何かあってからじゃ遅いんだ!!

と怖くなり、店長に猛抗議!!!

店長は「そんなの大丈夫!人間そんなに弱くない!」と
言ったのですが真夏の腐った牛乳は危ないよ!!
っていうか、そんなのを置いてるスーパーって
どんなの?!ってかどういう神経してるの?!って
皆思って更にお店に来てくれないよ!!
このスーパーはお年寄りが頼りにしてきて
くださってるんだから、恩をアダで返すような
事をしちゃダメだよ!!!
お客様あっての商売なんだからぁ!!!
と、抗議した結果、私達は・・・経費削減を理由に
残業代を一切もらえない事に・・・

ですがお客様の体に何かあっては困ります
基本、残業はパソコン処理のある私だけですので
私の残業代で牛乳が腐らないのなら喜んで
タダ働きしますよ!!

やっぱりいつもレジで
「いつもありがとう。昨日すすめてくれた
 お惣菜、あなたの言ったように美味しかったわ」
なんて笑顔で言われたら・・・・・・
キューンッってしますよ!(笑)

ですが実はそのお惣菜にも・・・・・

続きは明日!!

テーマ:考えること - ジャンル:その他

 
 
 
▲TOP
 
 
 
 
今日は親子でお仕事♪
 
 
【2008/03/22 19:24】
 
 
今日は旦那様と旦那様のお友達のお仕事にカイ君と
私もついて行く事にうきうき

というのも、今日のお仕事は私の父の会社の
ホームページ作成の打ち合わせなのですカエル(ニコニコ)2

旦那様と旦那様の友人(kさん)は初めてですが
私は小学校4年生までここで住んでいたので懐かし~!

080322_1335~001


打ち合わせだけど・・・結局、カイ君を連れているので
父(ジイジ)はもうカイ君にメロメロでしたヒヨコ(ハート)

でも本当に懐かしかったなぁ~・・・・・
父の仕事はアスファルト工業。会社の敷地内には
ブロック(?)が山づみ!!いつもこのブロックに
乗ったりして遊んでましたカエル全身(ワクワク)

080322_1424.jpg

そして砂浜の砂と石の山。ここでは裸足でよく
遊びました~~~わーい

080322_1424~001


砂浜の砂なだけに貝殻なんかもあったりするんです!
カイ君の砂遊び、ここに来ればいいんじゃん・・
なんて思いました(笑)ヒヨコ(ハート)

結局、私とカイ君はお仕事の邪魔しに行った
ような物だったけど、楽しかったで~す!キャー

テーマ:夢へ向かって - ジャンル:就職・お仕事

 
 
 
▲TOP
 
 
 
 
確定申告
 
 
【2008/03/11 23:08】
 
 
今日は確定申告に行ってまいりました!
皆さんもうお済みですか?

実は私、hikimamaは確定申告初めてでございます!!
インターネットで挑戦したものの断念・・・ヒヨコ全身(汗&ガーン)

税務署まで行ってきましたよ〜!ウインク02


私が行った時間は12:30。
丁度、職員さんもお昼休みらしく中は職員さんが
少ない感じ・・・?
でも、来ている人もお昼だからか少なかったです(笑)

手書きとパソコンがあり、どちらか選べます。
もちろん私はパソコンパソコン

実際、パソコンはガラガラでしたが手書きはお年寄りが
多くて込み合っている感じでした。

まずは19年度にかかった医療費を計算。
かなりの額でした・・・・というのも昨年は出産と
出産後に私が1週間ほど入院してしまったり・・・と
色々お金がかかってしまったので・・・・カエル後ろ姿(がーん)

そしてパソコン入力。パソコン

職員の方はすごく丁寧に教えてくださいました!ヒヨコ(ニコニコ)

なんか想像していたのと違い、意外と簡単うきうき

職員さんのおかげできちんと入力し、提出もし、
無事帰ってきました〜〜ヒヨコ(ハート)


でも結構疲れちゃいました・・・・
というわけで今日は旦那様にイイコイイコしてもらいました!(笑)

そして明日は御褒美にコストコに連れてってもらいますわーい

テーマ:頑張れ!主婦!! - ジャンル:結婚・家庭生活

 
 
 
▲TOP
 
 
 
 
私の職務経歴書 その4
 
 
【2008/02/20 19:17】
 
 
さて、「私の職務経歴書 その1」「私の職務経歴書 その2」
「私の職務経歴書 その3」で、過去に精神病院で働いていた事、
精神科病院でおこった出来事をご紹介しました。

詳しくはカテゴリー内の仕事
http://hikifamily.blog34.fc2.com/blog-category-14.html
をご覧くださいませ。


今日のお話は
「子供のような29才Sさん」


私が女子閉鎖病棟で勤務していた時のことです。
私の勤めていた病棟では精神状態が不安定な方の為の
隔離部屋(IC部屋)という部屋があります。
その部屋には外側からカギがかけられるように
なっています。

その部屋には精神状態が不安定な方や(色々な意味で)
危ない方が(精神状態が)安定するまでいる部屋なので
大体1週間から1ヶ月で普通部屋に移動されます。

そんな中、私が入社して2ヶ月がたってもまだ
普通部屋に移動されない患者様がいらっしゃいました。

その人が今回、お話するSさんです。

Sさんは正直言って29才とは思えない女性でした。
髪はグシャグシャで化粧っけもなく、細い体不釣り合いな
大きなポッコリお腹・・・そしてなによりも29才らしく
ないのは話し方でした。いつもIC部屋の中から、かん高い声で
「看護婦さーん。お水下さーい。看護婦さぁーん!」
と呼んでいます。

私から見るとあまり感情表現のできない女性で
話をする時もなんか感情のこもっていない話し方を
する女性でした。そしてすごく子供っぽく感じました。
私は「精神障害だけでなく、精神遅滞もあるのかしら?」
とずっと思っていました。
そう・・・彼女のご家族が面会に来るまでは・・・

入社から3ヶ月が経とうとした時のSさんは初めて
逢った時よりも感情表現も豊かになり、看護婦さんの
中では「そろそろ普通部屋へ・・・」なんて話が出ていました。

そんなある日、Sさんに面会があり、Sさんは外泊する
事になりました。面会相手はSさんのご家族でした。

でも・・・Sさんは乗り気ではありません。
あの人形みたいな感情のあまり出さないSさんが
乗り気じゃないんです

なんか変な・・・嫌な気がしました。

Sさんが外泊に出かけてから、ある看護婦さんが
「なんでドクターは外泊許可出したの!?」
「ひどすぎる!!病院は患者さんを守る権利ないの!?」
と、かなり御立腹な様子・・・。

なぜか胸騒ぎがしました・・・

看護婦さんに恐る恐る
「どうされたんですか?」
と聞くと
「あの子が入院した理由知ってる?」
と反対に質問されました。

その当時、看護助手はどっちかというと掃除婦みたいな扱いで、ナースステーション内にある休憩室に入るのもすっごく気を使って入れない・・・カルテなんて見るどころか触る事も御法度・・・みたいな感じでしたから、カルテで入院状況や入院した原因なんかを調べるような事はしたくてもできませんでした。

私「いえ・・・」
看護婦さん「カルテ見ていいからカルテ持っておいで」

私は看護婦さんに言われたようにカルテをお借りしてきました。

中にはこう記されていました。

○入院の原因・・父親・兄による性的虐待と思われる。
○そのショックからか自己表現が乏しい。
○薬が効かないので大量に服用している為、喉が異常に乾く。お腹の膨らみは大量の水を飲んだ為である。

などなど・・・他にもショッキングな事が
ずらずらと書かれていました・・・。
涙と怒りが込み上げてきて・・・
看護婦さんに
「Sさん、危ないんじゃないですか!?なんで外泊の許可でてるんですか!?おかしいじゃないですか!!!!」
と看護婦さんに問いつめました。看護婦さんも
「みんな、そうしたかったわよ!でも本人はあんな感じだから何があったのか上手く話せないし、ご家族がそんなの認めるわけでもないし、カルテに書いてあるのはSさんがたまにポロッという台詞だから確信もないんだもの!!だからドクターも許可したんじゃない・・・?せざるおえなかったんじゃない?」
と怒りを押さえながら言っていました。


もう、私達には何も起こらないように・・・
Sさんが無事に帰ってくるように祈る事しかできませんでした。

次の日、Sさんは帰ってきました・・・。
3ヶ月前のSさんよりもひどい状態で・・・
真っ青な顔をして・・・

私はいつもと同じように
「Sっさ〜ん!お帰りなさい!Sさんがいなかったから寂しかったよぉ〜!またいっぱいお話しようねぇ〜」
と声をかけました。次の日も、また次の日も、同じように
声をかけましたがSさんには届いていないのか返事はなく
・・・そんな日々が続きました。

15日ほどたったある日、いつもと同じように
Sさんに声をかけた時、Sさんが私に小さな声で
「もうお家には帰りたくないです。お父さんもお兄さんも私の恐い事してきます。もう嫌です。」
とおっしゃいました。

「うん。うん。そうだね。それ、看護婦さんやお医者さんにお話できるかな?」
と聞くと出来るとおっしゃったので、すぐに
看護婦さんとDrに報告。
そのSさんのハッキリとした証言(?)でSさんの
病状に関わらず、外泊は許可しないという事に
なりました。

私はSさんと出会い、カルテを読ませていただいて
初めて「精神病になるのには理由がある」
「それでも皆、社会復帰する為にがんばっているんだ」
という事を教えていただきました。

精神病にはあまり良いイメージはないと思います。

でもこのブログを読んで(私と同じように)少しでも
精神病の事を分かっていただけたらなぁ・・・
少しでも今持っているイメージを良くして
いただけたらなぁ・・・と思います

テーマ:精神障害者施設の日々の活動 - ジャンル:福祉・ボランティア

 
 
 
▲TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。